不動産登記について

不動産の所有権を主張するには登記が必要

たとえば今住んでいる家を自分のものと言いきる事が出来る理由として、その不動産を購入する際に必ず登記をしていることが絶対条件となります。
そしてこの不動産登記がないとその家や土地が自分のものであると主張する事が出来ません。
これは民法177条にも記載があり、不動産の所有権を主張する最大効力を発揮するツールとして不動産登記があり、不動産移転の基本となる条文の一つです。
従って贈与や売買によって不動産の所有権を移転しようとしても、口約束で所有権移転は成立しません。
必ず登記によって不動産の移転事実を明確にし、誰の土地と家であるという事を公正証書で明文化しておく必要があるのです。
またこの不動産登記を行わずに口約束だけで移転を行ったとしても、そもそも行政側はその移転事実を認識していませんので、固定資産税の請求はもとの所有者に請求されることになります。
もし何らかの形で不動産を処分したいというのであれば、登記を忘れずに行うようにしなくてはなりません。

Copyright(c) 不動産登記 All Rights Reserved.