不動産登記について

不動産の価値を明確に記した不動産登記とは

不動産を所有している方はよくご存知ですが、家や土地について物理的な状態を公に示したものを不動産登記と言います。
不動産と聞くと土地や家だけといったイメージかもしれませんが、所有する土地内にある樹木等も実は不動産に入るのです。
しかし、プレハブの物置やトレーラーハウスなど、家は異なり基礎の上に建っていないものに関しては、不動産登記には記せません。
それは、土地や基礎の上に築いた家とは違い、簡単に移動が可能だからです。
さらに不動産登記はなぜ必要かといいますと、相続や売買に直面した場合に土地や家の状態がわかりやすく明示されているため、スムーズに進めることができます。
内容についてですが、二つの項目からなってます。
一つ目は表題部と言い、その土地や建物の物理的な状態を示したものです。
そして、二つ目は権利部というものです。
権利部とは、その名の通り権利に関する内容が記されています。
ちなみに所有権が登記された項目は甲区、また所有権以外の登記を乙区となっています。

Copyright(c) 不動産登記 All Rights Reserved.