不動産登記について

不動産登記と登記簿謄本の閲覧

不動産登記とは不動産(土地や建物)の所在、地番や家屋番号、面積や構造などを法務局の登記簿に記載することを言います。
不動産の権利関係を公示することで、安全かつ円滑に取引できるようにするための制度です。
建物を新築したり取り壊したり、土地の地目を変更する場合は登記をすることが義務づけられています。
しかし、不動産を相続したり購入した場合は、公法上の登記をする義務はありません。
ですが、抵当権などを主張しトラブルを避けるためには登記をしたほうがいいと言えます。
登記簿は一般公開されており、権利状況が誰にでも分かるようになっています。
不動産を購入する際には、法務局で登記簿謄本を取得し、現在の登記上の名義が誰になっているのかを確認することが重要です。
合わせてその不動産に差押や仮差押、抵当権などの登記がされていないかも確認が必要です。
不動産の登記情報は自分以外の人に権利内容を知ってもらうためのもので、あらゆる情報が盛り込まれています。
上手に有効活用したいツールです。

Copyright(c) 不動産登記 All Rights Reserved.